【めざせ金持ち父さん】第5弾 投資資金を準備する(節約編)

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

めざせ金持ち父さんシリーズの第5弾は「投資資金を準備する(節約編)」についてです。

 

投資をすることで積み上げられる資産というものは、以下のように単純化して表すことができます。

資産=(収入ー支出)×投資期間×利益率

この中で今回は支出の部分のさらに節約ということに的をしぼって書きたいと思います。

 

先ほどの資産の増加を表す単純式の中で個人が最も効果をあげやすく、実行したその場から効果が現れるのが節約です。

しかも節約は早く取り組めばその分だけ投資に使える金額も大きくなり複利の恩恵を受けることができます。

 

例えば毎月節約によって15,000円の支出を浮かすことができ、40年間投資にまわしたとすると以下のようになります。

なんと40年後には2,289万円(元本は720万円)にもなり、老後2,000万円問題は一気に解消されます。

 

今回の記事では私が実際に行なっている誰でもできる節約方法とやみくもにやればいいというものでもない節約の考え方について解説します。

節約の第一歩は銀行口座を分ける

節約して支出を抑えるための第一歩は、給料が振り込まれる口座を投資用の資金と支出用の口座を分けることです。

口座を分けるというのは単純な方法ですが効果絶大です。

私はボーナスを含めた支出用の口座を投資用資金口座と分けており、支出用の口座の資金が無くならないようお金の管理をしています。

 

マネーフォワードを使って家計簿を確認する習慣ができているので、支出は支出用口座に残っている残高の範囲内で生活ができています。

 

そして節約をして支出用口座に余ったお金は、家族で旅行したり、美味しいものを食べに行ったり贅沢に使っていいものとしています。

それができるのも投資用と支出用の口座を分けて、しっかりと管理できているという安心感があるためです。

 

支出に関してはコーラ大好きバフェットさんも以下のように述べています。

お金を使った後で、残った分を貯金するのではない。貯金したあとで、残った分を使うのだ。

やはりこれが投資を始める第一歩と言えそうです。

スポンサーリンク

コメント