【めざせ金持ち父さん】第7弾 投資を長く続ける〜大切なのは自分に合う投資方法を継続すること〜

自分に合った投資方法を見つける

自分に合った投資方法を見つけると言ってもなかなか難しいのが現実ですが、ポイントはストレスなく長く続けられるかだと思います。

 

株価のアップダウンが気になって本業がおろそかになったり、家族との楽しい時間にも株のことばかり考えてしまうようでは、金銭的・精神的にも豊かになることを目標に始めた投資も本末転倒となってしまいます。

 

投資をストレスなく継続するのに重要なのは以下の2点だと思っています。

  • やっていて心地よいと感じること
  • 完璧を求めすぎないこと

やっていいて心地よいと感じる投資を継続する

まず重要なのは、やっていて心地よいと感じる投資方法です。

 

ではどの投資方法が心地よいかを確認するには、少額でもいいので実際に試してみるのがおすすめです。

これがおすすめの投資方法だと雑誌やWEBですすめてあったとしても、自分が実践してどう感じるかというのは自分にしか分かりません。

 

私は投資信託については積立Nisaで、高配当株投資については米国個別株投資で、ETFについてはインデックスの積立投資で実践しています。

✅関連記事;【つみたてNisaで投資信託15銘柄の実績をブログで比較】おすすめの投資信託はこれだ! 

✅関連記事;【米国高配当株投資】運用成績とメリット・デメリットを解説

✅関連記事;【インデックス積立投資】運用成績とメリット・デメリットを解説 

 

それぞれにいいところはありますが、アーリーリタイアを目指していないこと、すぐに資金が必要とは考えていないこと、でも少しは配当金も欲しいことからETFをメインの投資対象として現在は行なっています。

完璧を求めすぎない

なんでもそうですが、完璧を求めすぎると苦しくなります。

特に投資の場合はWEBの情報や投資に関する本など実に多くの情報であふれています。

 

そしてお金を扱うことなので、出来るだけパフォーマンスをよくしたいという人間本来の欲望から、投資手法を探す迷宮に入り込んでしまいがちです。

私もこれまで数々の投資方法を試してきましたが、最終的には「完璧を求めすぎない、利益はほどほど」というのが自分にとって、心地いいことに気づきました

人生のステージが進んでいくにつれて、収入が増えたり減ったり、価値観や家族との関係などなど常に状況は変化していきます。

その時最適と思っていた投資方法もやっぱり時間とともに変わってくると思います。

 

そのような状況の中で「これで完璧という正解はない」でしょうし、完璧を求める意味もあまりないような気がします。

 

なので「完璧を求めすぎず、投資と適度な距離をもつ」というのが私のスタイルであり、投資のパフォーマンスが年率7%だろうが5%だろうが、はたまた3%でも、心地よい投資を長くゆったりと続けていくことの方が重要だと思います。

まとめ

今回の記事では以下の資産形成を表す式

資産=(収入ー支出)×投資期間×利益率

のうち投資をする上で大切な投資期間に関する部分に的をしぼって書きました。

 

先の記事で解説した右肩上がりに投資することを前提として、投資期間を大きくすることは資産増大の上で最も重要だと考えています。

そのためには自分の性格や価値観、生活環境などを考慮し、他人からすすめられた投資方法ではなく、自分に合った投資方法を継続することが重要です。

 

他人の意見に振り回されず、途中、波があったとしても自分に合った投資方法を長期間に渡って継続することができたなら、ゆくゆくは大きな利益を得ることができると信じて投資を続けています。

 

よろしければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました