【めざせ金持ち父さん】第8弾 ポートフォリオの作り方〜債券に投資する比率を決める〜

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

めざせ金持ち父さんシリーズの第8弾は「ポートフォリオの作り方〜債券に投資する比率を決める〜」について書きます。

 

投資をすることで積み上げられる資産というものは、以下のように単純化して表すことができます。

資産=(収入ー支出)×投資期間×利益率

この中で今回は利益率に関連する項目の中でポートフォリオの作り方に的をしぼって書きたいと思います。

 

債券投資と聞くとどんなイメージでしょうか?

私のイメージは、つまらない、儲からない、必要ない。。。

といったイメージでした。

 

しかし投資金額がだんだんと大きくなると自分のポートフォリオの変動率も大きくなり、債券投資の意味合いが分かってきました。

そんな中、債券をポートフォリオに入れ始めてから数ヶ月でコロナショックが起き、自分のポートフォリオの資産が30%近くも下落するという事態を目の当たりにしました。

 

投資額がまだ1000万円にも満たない中での下落は精神的には問題ありませんでしたが、これが投資額3000万円以上だと−1000万円規模の損失となることを想像すると、やはり一定規模は債券への比率を考えた方がいいなと再確認した次第です。

 

今回の記事では債券投資の説明から、債券投資がポートフォリオに及ぼす影響、プロが運用するポートフォリオの債券投資の割合などを解説し、債券投資の意味合いを解説したいと思います。

スポンサーリンク

コメント