【めざせ金持ち父さん】第9弾 ポートフォリオの作り方〜投資割合を全世界株式の時価総額ベースで考える〜

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

めざせ金持ち父さんシリーズの第9弾は「ポートフォリオの作り方〜3つのおすすめを紹介〜」について書きます。

 

投資をすることで積み上げられる資産というものは、以下のように単純化して表すことができます。

資産=(収入ー支出)×投資期間×利益率

この中で今回は利益率に関連する項目の中でポートフォリオの作り方に的をしぼって書きたいと思います。

 

前回の記事ではポートフォリオの作り方のうち、投資のリスクを小さくする債券の組み入れ方について書きました。

今回はリスクを取って資産を増やすための株式への投資についてまとめようと思います。

 

私は株式への投資をインデックス型の投資信託で考えており、私が考えるおすすめのポートフォリオを3つ紹介します。

ポートフォリオ作成の基礎知識

目標利回りは全世界株式をベースに考える

全世界株式をベースに考えるというのは、ざっくり言うと「世界の現在のパワーバランスを考慮して投資配分を決める」ということです。

 

世界の株式の現状は、全世界株式に投資する投資信託(例えばeMAXIS slim全世界株式インデックスファンド)の目論見書を見れば分かります。

 

以下の図は、eMAXIS slim全世界株式インデックスファンドの国・地域別の構成比率(2020年3月末時点)です。

※eMAXIS slim全世界株式インデックスファンド目論見書より引用

この表を見ると、

先進国88%:新興国12%

または

アメリカ57%:その他先進国21%:新興国12%

の比率であることが分かります。

 

この配分比率とこれらのパフォーマンスの特徴を知れば、自分のポートフォリオで日本株式50%であったり、新興国がなんとなく成長しそうだから40%も入れるのは多すぎると言うのが分かると思います。

くわ
くわ

ポートフォリオの作成は各個人の自由ですが、せめて特徴を知ってから決めた方が良いと言うのが、「目標利回りは全世界株式をベースに考える」という意味です。

各インデックスの成績を比較

先ほど全世界株式のポートフォリオが

アメリカ57%:その他先進国21%:新興国12%

だと書きました。

 

これらの成績を以下のETFを使って解説します。

ETFを使うのは長期の成績をグラフ化しやすいためです。

投資対象 該当ETF グラフの色 長期成績
全世界株式 VT 26%
アメリカ株式 VTI 99%
その他先進国株式 VEA -16%
新興国株式 VWO -18%

ちなみにアメリカ57%:その他先進国21%:新興国12%の比率で投資すると緑の結果と大体一致します。

大体の意味は各年度によって微妙に比率が異なるからです。

 

このグラフから言えることは、ここ10年間の成績はアメリカが一番であり、その他先進国・新興国は横ばい、世界全体は良いもののアメリカの好成績が全世界株式の成績を引っ張った、ということです。

 

全世界株式の配分状況と成績をベースとして考えると、ポートフォリオのアレンジの仕方がなんとなく分かるかと思います。

ここ10年の成績だけを考えるとアメリカ株式に100%投資するのが正解でした。

 

これらを踏まえておすすめのポートフォリオを3つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コメント