為替の調節機能が効かないユーロが抱える問題点

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

投資に役立つ経済知識の第7弾は「為替の調節機能が効かないユーロが抱える問題点」についてです。

 

前回はデフォルトした国の通貨が一時的には大暴落しインフレになったあとに、通貨安によって輸出を中心に持ち直していく姿を解説しました。

✅関連記事;【投資に役立つ経済知識】第6弾 デフォルトした国の行く末・・・通貨の暴落が国を救う!? 

 

しかしデフォルトや危機に陥った場合に為替の自動調節機能が効かないのが、EU加盟国が使っている共通通貨であるユーロです。

ユーロの導入により為替がもつ自動調節機能と金融政策を放棄した状態です。

 

今回はEUの成り立ちと共通通貨ユーロが抱える構造的な問題点、およびこれまで起きたユーロの危機について解説します。

スポンサーリンク

コメント