GDPと株価の関係。だから僕は長期投資がやめられない

GDP

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

投資に役立つ経済知識の第9弾は「GDPと株価の関係。だから僕は長期投資がやめられない」についてです。

前回はGDPの基本的なことから、GDPがもつ3面等価の原則について解説しました。

✅関連記事;【投資に役立つ経済知識】第8弾 GDP(国内総生産)っていったいなんだ? 

 

三面等価の原則によるとGDPは「生産額=支出額=所得額」という3方向からみて全て一致するというものでした。

この法則から考えるとGDPが増えるということは、企業がたくさん生産することで生産額が大きくなり、同時に多くの人がものを買うことで個人や企業の支出が多くなり、最終的には企業の収益も増えていくということです。

 

企業の収益が増えるということは、それに連動する企業の株価もなんとなく増えそうな気がします。

今回はGDPと株価の値動きをアメリカ、日本、全世界でそれぞれどういった関係性があるか見てみようと思います。

GDPにはインフレを含んだ名目GDPを使用します。

スポンサーリンク

コメント