イールドカーブから景気の先行きを読み取ろう

イールドカーブ

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

投資に役立つ経済知識の第14弾は「イールドカーブから景気の先行きを読み取ろう」です。

 

金利には貸し付ける期間によって1年未満のものを短期金利、1年以上のものを長期金利と言います。

前回の記事では、金利の変動が経済や個人にどのような影響を与えるかを説明し、さらに短期金利と長期金利の特徴として以下の特徴があることを解説しました。

  • 短期金利…中央銀行(日本の場合は日本銀行=日銀)の政策金利の影響を強く受ける
  • 長期金利…将来の短期金利の動向や、景気、物価など市場参加者の予想による影響を強く受ける

✅関連記事;金利についてわかりやすく解説〜金利が変動する原因、長期金利と短期金利〜 

 

今回の記事では、期間の異なる債券の利回り(金利)をグラフにしたイールドカーブについて解説します。

過去30年間の実績では、景気後退の先行指標と言われる逆イールドが発生したあと1年〜2年後に株式の暴落が起きました。

投資に役立つ知識として、逆イールドが出た際の投資戦略と逆イールドの発生原因を分かりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

コメント