「利小損大」マインドを克服して、利益を積み上げよう

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

今回は投資家が陥りやすい「利小損大」の考え方について解説します。

 

利小損大とは一般投資家が普通に投資していると自然となってしまう投資行動のことです。

利小;利益になった時はすぐに利確してしまう行動

損大;損失が大きくなってもなかなか損切りできず、最後はロスカットなどの大きな損失になる行動

 

これは「コツコツドカン」とも表現されることが多いですので聞いたこともあるかと思います。

ちなみに昨年末の世界的な株安の際に長期投資ではチャンスなはずの下落局面で、インデックス投資を解約した人が多かったようです。

これも利小損大行動です。

 

今回の記事では、なぜ投資では利少損大になってしまうのか、利少損大を回避するにはどうすればいいのかを解説します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました