手数料が安い投資信託に乗り換えるのは本当に有利なのかを検証!

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

最近は日本の投資信託の投資環境も整ってきており、手数料の安いインデックスファンドが多数出てくるようになりました。

 

しかもその手数料の安い投資信託も安さを競うように頻繁に手数料を安くしてきています。

 

そうなってくると自分が積み立てている投資信託よりも安い手数料の投資信託が出てくると、乗り換えた方がお得なのかなという気持ちが出てきます。

 

管理の面から考えても保有する投資信託は少ない方が楽なため、乗り換える際は一気に手数料の安い方に乗り換えたくなります。

 

今回は手数料が安い投資信託に乗り換える際に発生する手数料を考慮し、同じ投資信託を継続して積み立てる場合と投資信託を途中で乗り換える場合の結果を比較してみたいと思います。

 

結論としては以下の2点の結果が得られました。

・全部売却して乗り換える場合は、利益にかかる税金がパフォーマンスを下げる
・乗り換えるなら売却せずにそれまでの投信の保有を継続し、新しい投信への積立投資を新たに開始する
[ad]

コメント

タイトルとURLをコピーしました