【ひふみプラス】銘柄分析〜手数料・運用成績・投資対象〜

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

つみたてNisaで運用している「ひふみプラス」の銘柄分析を行います。

 

ファンドの基本情報から私的なファンド評価、手数料・運用成績・投資対象等について解説します。

基本情報

名称 ひふみプラス
設定日 2012/5/28
償還日 無期限
投資形態 ファミリーファンド
ファンド分類 アクティブ型
運用会社 レオス・キャピタルワークス
販売手数料 なし
信託報酬 1.078%(税込)
解約時手数料 なし
為替ヘッジ なし
ファンドの特色
  • 国内外の上場株式を主要な投資対象とし、市場価値が割安と考えられる銘柄 を選別して長期的に投資します。
  • 株式の組入比率は変化します。

※目論見書から引用

ひふみプラスは楽天証券の買付ランキング24位(2020年9月時点)の銘柄で、つみたてNisaで買付ができる銘柄としては珍しくアクティブファンドです。

 

アクティブファンドなのでインデックスファンドとは違い独自に銘柄分析を行い、その時々に割安と判断した銘柄に投資をして行きます。

また常に100%株式に投資するとは限らず、市場環境に合わせて利益確定を行ったり、下落時に積極的に買い付けを行い株式比率をあげたりします。

またひふみプラスは初心者が手を出しづらい中小型株にも投資するのが特徴です。

くわ
くわ

インデックスファンドには無い特徴ばかりですね。

以下の図はひふみプラスが設定された2012年からの株式・現金の内訳の推移です。

市場環境に合わせて現金比率・中小型株・大型株の比率を変動させているのが分かります。

また新型コロナウイルスが蔓延した際には株価が暴落する前に現金比率を急激に上げて、コロナショックによる下落を免れたのも記憶に新しいところです。

 

次のページではひふみプラスのファンドの評価をいろいろな角度からみてみます。

スポンサーリンク

コメント