【3つの幸福】脳科学で解明された「人生を幸福にするための最短ルート」とは?

普段はKindleで本を探して読むことが多いのですが、先日ふと書店に立ち寄った時に【横沢紫苑著;3つの幸福「最新科学から最高の人生を作る方法」】という本を手にしました。

著者は精神科医で、内容を見ると幸福について脳科学的に分かりやすく書いてありそうな本でした。

科学的に書かれた本は説得力があり、私はこの手の本に弱い傾向にあります。

 

さっそく購入し、むさぼるように一気に読んでしまいました。

内容としては

  • 脳科学的に幸福を感じる三大幸福物質(心身の健康・他者とのつながり・達成感に関する脳内ホルモン)の役割について
  • 上記3つの幸福は、やみくもに求めるのではなく順番が非常に大切

というものです。

この本を読んで幸福というものが漠然としたモヤモヤとしたものから、はっきりとしたものに変わった気がします。

 

今回の記事では、「3つの幸福」に書かれている内容をもとに幸福について書きたいと思います。

3つの幸福の内容と順番を知るだけで、人生において注力すべき方向が分かるので是非読んでみてください。

幸福になるためには順番が大切

幸せってなんなのか

突然ですが「幸せ」ってなんでしょうか?

誰でも一度は考えたことがあるかと思いますが、なかなか難しい問題ですね。

 

お金?家族?出世?などなど

人によって、いろんな答えが出てくるかと思います。

 

この本ではシンプルに「幸せとは脳内に幸福物質が出ている時」と定義しています。

さらに数ある幸福物質の中でも、

  • セロトニン
  • オキシトシン
  • ドーパミン

の3つの物質が「三大幸福物質」と言われ、幸福に大きな影響を与えているとのこと。

これらをうまく分泌できる方法が分かれば幸せになれるという、実にシンプルな内容です。

またそれぞれの幸福物質の果たす役割は次の通りです。

  • セロトニン的幸福・・・心と体の健康からくる幸福
  • オキシトシン的幸福・・・家族・友人などとのつながりからくる幸福
  • ドーパミン的幸福・・・お金、成功、達成、地位などに関する幸福

幸福になるためには順番が大切

先程紹介した3つの幸福をどうすれば手に入れられるのか?

実はこれらを一気に手に入れようとするのではなく、手に入れる順番が非常に大切だということ。

 

その順番は次の通りです。

  1. セロトニン的幸福(健康)
  2. オキシトシン的幸福(つながり)
  3. ドーパミン的幸福(達成感)

これまでいろんな本を読んだり、尊敬する先輩から学んだりして、私の中では漠然と「健康→家族→仕事」の順が大切だなぁとは思っていました。

それが今回読んだ本で脳科学的に正しいことが分かりました。

 

ではなぜこの順番が大切なのか?

 

具体例で考えてみましょう。

平日は、出世や会社から認められるために毎日遅くまで仕事。

週末は家族サービスをすることなく、さらにムチを打って資格の勉強。

休まる時が無いためストレスがたまり暴飲暴食。。。

気がつくと家族の会話も少なく、家庭では孤立状態。

一生懸命頑張るものの会社ではなぜか評価されず・・・

よくありそうな光景ですね。

この例ではドーパミン的幸福として仕事を取り上げましたが、健康・家族を大切にせず、ドーパミン的幸福を求めるという行動は、よくある光景だと思います。

 

つまり「ドーパミン的幸福(達成感)」を先に求めようとすると、失敗しやすいということ。

続いて「セロトニン的幸福(健康)」と「オキシトシン的幸福(つながり)」の順番については、自身の心身の健康がしっかりとしていないと「幸福を感じにくいだろうな」ということを考えると、「セロトニン的幸福」のほうが大切です。

 

つまり、幸福になるためには次の順番を理解し取り組むことが大切だということです。

  1. セロトニン的幸福(健康)
  2. オキシトシン的幸福(つながり)
  3. ドーパミン的幸福(達成感)

この本ではこの順番を「幸せの三段重理論」と呼び、下からがっしりと土台を積み上げることでこれら3つの幸福を得やすくなり、幸せな人生につなげることが出来ると主張しています。

3つの幸福の特徴

セロトニン的幸福(健康)

セロトニン的幸福は、自身の心と体の健康からくる幸福感です。

「体調が良いなぁ」「なんか気分がいいなぁ」と思う状態です。

以下の記事で紹介したマインドフルネスの状態もこのセロトニン的幸福にあたるようです。

【最高の休息法】マインドフルネスの効果を科学的に解明してくれる本 - まった〜り資産運用日記
休日をダラダラと過ごして休んだつもりなのに、なんとなく疲れが残っていてそのまま月曜に出社。 なんて事ありませんか? それは脳がしっかりと休めていないことが原因かもしれません。 「最高の休息法」では、どうして休んだつもりなのに疲労感が残るのかを解説し、またそれを解消するためにマインドフルネスという方法を紹介しています。 ...

でもこのセロトニン的幸福って気づきにくいと思いませんか?

なぜなら健康な人にとっては、健康なんて当たり前の状態だから。

朝起きて、健康に感謝!

朝から美味しいご飯が食べれることに感謝!

元気よく歩いて出社できることに感謝!

・・・なんてことなかなかないですね。

セロトニン的幸福は、このように「当たり前の幸福」であり「失わないと気づかない幸福」でもあります。

でも健康があってこそ、食べ物が美味しいと感じれたり、家族と遊びに行って幸せだなぁと思ったり、仕事でさらなる高みへ挑戦したりすることができます。

なのでセロトニン的幸福は、気づきにくい幸福ではあるけど、もっとも大切にしたい幸福です。

セロトニン的幸福の特徴

  • 心身の健康からくる幸福
  • 失うまで気付きにくい

オキシトシン的幸福(つながり)

続いてオキシトシン的幸福は、家族や友人とのつながりによる安心感からくる幸福感です。

自分ひとりで「体調がいいなぁ」と感じる幸福がセロトニン的幸福であるのに対して、誰かと一緒にいて「楽しい」「安らぐ」「嬉しい」と感じるのがオキシトシン的幸福です。

 

私にとっては家族や昔からの友人といる時にこういった感覚があります。

仕事の時はピリピリモードでやってますが、家に帰るとスーパーリラックスモードに突入するので、おそらくオキシトシン全開になっているのでしょう。

 

また、恋愛関係で言うと最初は「好きでたまらない」という状態(後に解説するドーパミン的幸福)から、徐々に「一緒にいて安心する」というオキシトシン的幸福に変わっていくようです。

確かに嫁さんとは付き合い始めてからもう20年近く経ちますが、いろんな経験を通して、完全にオキシトシン的幸福に変わっています。

オキシトシン的幸福についてもあって当たり前と思いがちなので、セロトニン的幸福と同様気づきづらい幸福であります。

オキシトシン的幸福の特徴

  • 家族や友人とのつながりからくる幸福
  • 失うまで気付きづらい

ドーパミン的幸福(達成感)

最後のドーパミン的幸福は、仕事で昇進したり、投資で利益を上げたり、何かを成し遂げたときに感じる幸福感です。

3つの幸福の中で一番わかりやすく、高揚感と興奮が伴う激しい幸福感でもあります。

またドーパミン的幸福を得るためには、お金が必要であったり、長い間我慢しながら努力することが必要になることが多いという特徴があります。

 

高級な物を買うのに高額のお金が必要になったり、仕事で結果を残すために寝る間を惜しんで遅くまで働いたり、家族をないがしろにして資格の勉強をしたり・・・

いろいろと私自身も心当たりがあることが多いです。

ドーパミンのおかげでここまで人間社会が発展してきたという事実がある反面、ドーパミンには暴走すると依存症になるという危険性もあります。

昔はちょっとした物でも楽しめたのに段々と慣れてきて、高いお金を払わないと満足出来なくなったり、ちょっと利益が出るだけで嬉しかった投資が、いつの間にか数百万円単位の利益では満足できなくなったりと。。。

これも私のことです。

とにかく際限がないのがドーパミン的幸福です。

ふと周りを見渡すとこの資本主義の世の中は、ドーパミン的幸福を暴走させる仕掛けが至るところにあるような気がします。

激しく大きな幸福でかつ依存症のある幸福だからこそ、企業はそこをついてくるんでしょうね。

ドーパミン的幸福の特徴

  • お金、成功、達成、地位などに関する幸福
  • 暴走すると依存症になる

幸福になるためにやること

ここまでで3つの幸福についてまとめました。

  1. セロトニン的幸福(健康)
  2. オキシトシン的幸福(つながり)
  3. ドーパミン的幸福(達成感)

この3つの幸福のうち、セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福は「そこにある幸福感」であり「Be」の幸福、ドーパミン的幸福は努力の結果得られるので「Do」の幸福と言われています。

幸福へのカギはこの「Be」の幸福という気付きづらい幸福にいかに気づけるようになるかです。

 

そこで、この本に書かれているおすすめの方法のうち私が実践していて良かったなぁと思う方法を1つ紹介します。

 

それは、「3行ポジティブ日記」というものです。

やり方はとても簡単で、寝る前に3行だけその日にあった良かったことを書くというもの

例えば

  1. 今日は仕事で取引先から感謝された。
  2. 夕食に美味しい魚を食べられた。
  3. 通勤の際に鳥のさえずりが聞こえて心地よかった。

などです。

特に3行目のように大したことを書かなくてもOK。

書くことがなければ

  • 朝起きて時間通りに出社できた
  • ご飯をゆっくりと味わって食べられた
  • 嫁さんに「ありがとう」と言ってみた

などなど何でもかんでもOK。

個人的にはくだらない事のほうがいいような気がしてます。

ちなみにたった1週間「3行ポジティブ日記」を実践するだけで、幸福度はアップし、うつ傾向も改善し、その効果は書くのをやめても6ヶ月も持続するという驚きの効果が確認されているようです。

やらない手はありません!

実際にやると分かりますが、「3行ポジティブ日記」によって明らかに「幸せ収集能力」が格段にアップしていきます。

昔は「早くリタイアして田舎の大自然で暮らしたいなぁ」と夢見てました。

でも実際は都会でも

  • セミの鳴き声や街路樹の移ろいにより四季を感じることができ
  • 路地に入れば鳥のさえずりを聞くことができ
  • ベランダに出れば星空や綺麗な月を見ることができる

ということに気づけるようになりました。

 

このように「幸せ収集能力」が上がると、だんだんとなんでも楽しめるようになってきます。

結局は「自分の心持ち一つで良いように変わるのでは?」と思うようになり、幸せの青い鳥は「今ここにある」ということに気づくようになりました。

まとめ

「3つの幸福」について土台となるセロトニン的幸福(健康)とオキシトシン的幸福(つながり)が大切だと書きました。

じゃあドーパミン的幸福はいらないの?

というところですが、もちろん人間が成長するためにドーパミン的幸福は必要です。

重要なのは暴走させないという点だと思います。

 

私自身もお金は欲しいし、同じ仕事をするなら出世したほうが面白いだろうと思っています。

ただそれにはドーパミン的幸福をがむしゃらに努力して取りに行くのではなく、健康と家族を大切にしながら、それらを土台としてドーパミン的幸福も取りに行く

要はこれらの順番を意識して行動することがとても重要というわけです。

ドーパミン的幸福はもらえればラッキーぐらいにとらえると良いような気がします。

投資のほったらかし戦略と同じですね。

「3つの幸福」のポイントだけをピックアップしてまとめましたので、詳しく知りたい方は、ぜひ本書を読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました