【インデックス積立投資】運用成績とメリット・デメリットを解説

インデックス積立投資

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

私のメインの投資の一つである海外ETFを使ったインデックスの積立投資について説明します。

この投資は2018年6月から行なっており、はじめに投資する銘柄と毎月の投資金額を決めてしまえば、あとは毎月私の証券口座が自動的に積立投資をしてくれます

 

やることといえば、ブログで成績を公表している関係上、月に一回投資の成績をチェックすることと、年末に翌年分の投資配分を考えて設定をいじる(orいじらない)という作業だけなので、毎日仕事で忙しいサラリーマンにぴったりな投資方法です。

 

投資対象としては世界中の株式と債券に分散投資するために海外のETFであるVTI(米国株)・VEA(米国以外の先進国株)・VWO(新興国株)・AGG(米国総合債券)です。

 

VTI・VEA・VWOに投資するだけで、世界中の大型株から中小型株までほぼ全てをカバーし、約8300銘柄に分散投資することが可能です。

そしてこれらのETFの経費はどの投資信託よりも安く、これらのETFへの投資配分を自分で決めることで、どんなポートフォリオも自由にカスタマイズして作ることができるのが魅力です。

 

ここでは私が行なっている海外ETFを使ったインデックス積立投資の投資成績と海外ETFに投資するメリットとデメリット、ポートフォリオの組み方を分かりやすく解説します。

 

ETFは上場投資信託と呼ばれ、根本的な考え方は投資信託と同じです。

投資信託を基礎から学びたい方は以下の記事を参考にしてください。

✅関連記事;投資信託の基礎

スポンサーリンク

コメント