投資信託の基礎〜メリット・手数料・目論見書の読み方〜

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

今回は投資信託について仕組みから手数料、ファンドの形態から目論見書に書かれている内容など全体がわかるようにまとめました。

投資信託とは

投資信託とは、多くの投資家から集めたお金を元に投資のプロが株や債権などに投資・運用し、その利益をいただくという金融商品です。

 

投資信託の原型は19世紀のイギリスで作られ、日本では1950年ごろから販売されるようになりました。

 

投資信託は、お金を集めて運用する仕組みから、ファンドと呼ばれることもあります。

そしてこのファンドを運用するのがファンドマネージャーです。

個別株投資の場合は、四季報や雑誌などのおすすめ銘柄を元に自分でこれから値上がりしそうな銘柄に投資する必要があります。

 

そして値上がりしたら売却時期を決めて自分で売買する必要があります。

 

個別株への投資をしたことがある方なら分かるかと思いますが、毎日自分の買った株の値段が気になり、昼休みや仕事終わりに株価をチェックし、一喜一憂することになります。

くわ
くわ

これは個別株投資のいいところでもあるのですが、なかなかのストレスにもなります。

一方例えば私がやっている投資信託の積立投資であれば、毎月買い付け金額を設定して口座に入金さえしておけば、自動的に買い付けを行ってくれ、買値や損益が気になることはありません。

 

この安心感は、投資信託が分散投資であることと長期的には右肩上がりになる傾向があることからきています。

スポンサーリンク

コメント