【LIONFX(ヒロセ通商)】おすすめの理由と口座開設方法から売買開始までの流れを説明

lionfx

インヴァスト証券「トライオートFX」

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

今日は私が実際に使っているおすすめのFX業者である「LIONFX(ヒロセ通商)」を紹介します。

LIONFXを選ぶ理由


今やFX取引FX専門業者No1です。

個人的にLIONFXをおすすめする理由をまとめてみます。

取引通貨の種類が最大級!50通貨ペアで取引可能
スマホの取引画面が非常に使いやすい
私がLIONFXを選ぶ理由は上記のような感じです。
順番に確認してみましょう。

取引通貨の種類が最大級!50通貨ペアで取引可能

LIONFXは2018年12月時点で50通貨ペアで取引が可能です。

私はLIONFXは手動トラリピで使用しています。

これだけの通貨ペア(50通貨ペア)があって、どの通貨でもトラリピが使用できるとこれ以上のことはないです。

これがLIONFXを選ぶ最も大きな理由です。

スマホの取引画面が非常に使いやすい

LIONFXを使うもう一つの理由は、スマホの取引画面が非常に使いやすいということです。

手動トラリピでは1通貨ペアあたり多くて100個程度の指値注文を自分で入力する必要があります。

スマホの取引画面が使いやすいということは、簡単に入力が可能なため時間の省力化に繋がります。

私は実際に8つのFX業者で口座を持ってますが、LIONFXが一番使いやすいですね。

手動トラリピを全てLIONFXでやる私が言うのですから間違いないですw

まずは口座開設〜売買開始までを説明

口座開設の方法

口座開設はこちらからどうぞ。

LION FXの口座開設はこちら
口座開設画面を開くとずらずら〜っと入力項目が並んでますが、5分で入力可能と書いてあります。

口座開設には「通知カード」または「個人番号カード」が必要です。

これらは郵送でもいいのですが、早く口座を開きたいなら写真を撮ってWEBでアップする方法がお勧めです。

さらに必要な情報としては、個人の住所や投資経験などです。

これらを申し込んで1週間もすると郵送で口座開設しました!と封筒が届きます。

証券口座に入金する

口座開設が完了すると次は入金処理です。

いつもスマホ画面しか使わないので、スマホ画面で説明します。

①;ログイン後、左上の「メニューボタン」を選択します。

 

②;プルダウンして「クイック入金」を選びます。

 

③;入金依頼額を入力し、金融機関名を選択します。

完了したら「確認」をポチッと押すと、各銀行のHPに飛ぶのでそこでパスワード等を入金すると完了です。

取引の設定をする

④;取引したい通貨ペアを選択し、「注文」を選択します。

 

⑤;「IF-DONE」を選択します。

IF-DONEとは、「買」注文の場合、価格が下がったら指値を入れ(IF注文)、指値が決まると同時に決済注文(DONE注文)を入れると言うもので、トラリピには必須の注文方法です。

⑥;「指値」または「逆指値」を選択します。

「買」注文の場合で説明すると、指値注文とは対象通貨が現在値より下がった場合に指定したレートで「買」注文を設定することです。

逆指値注文とは、同じく対象通貨が現在値より上がった場合に指定したレートで「買」注文を設定することです。

「売」注文の場合は上記の逆です。

⑦;「売」または「買」を選択します。

⑧;IF注文の指定レートを入力します。

ちなみに入力する数字はダイヤル錠のように上下に数字をくるくる回して指定します。

使ったら分かりますが、手動トラリピのように連続して価格を入力する場合これが非常に使いやすいです。

⑨;DONE注文の指定レートを入力します。

⑩;最後に注文確認をポチっと。

まとめ

LIONFXの口座開設から、買い付け設定まで解説しました。

LIONFXで手動トラリピを使うのは、取引通貨ペアが50通貨ペアと多く、スマホの入力画面が使いやすいのでおすすめです。

手動トラリピをするのであれば、絶対にLIONFXをおすすめします。

LION FXの口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました