【ニッセイJPX日経400インデックスファンド】銘柄分析〜手数料・運用成績・投資対象〜

ニッセイJPX日経400

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

つみたてNisaで運用している「ニッセイJPX日経400インデックスファンド」の銘柄分析を行います。

 

ファンドの基本情報から私的なファンド評価、手数料・運用成績・投資対象等について解説します。

基本情報

名称 ニッセイJPX日経400インデックスファンド
設定日 2015/1/20
償還日 無期限
ベンチマーク JPX日経インデックス400(配当込み)
投資形態 ファミリーファンド
ファンド分類 インデックス型
委託会社 ニッセイアセットマネジメント
販売手数料 なし
信託報酬 0.2145%(税込)
解約時手数料 なし
為替ヘッジ
「ニッセイJPX日経400インデックスマザーファンド」を通じて、実質的に国内の金融商品取引所上場株式に投資することにより、JPX日経インデックス400(配当込み)の動きに連動する投資成果を目標に運用を行います。

※目論見書から引用

ニッセイJPX日経400インデックスファンドは楽天証券の積立設定件数ランキング15位(2020年5月時点)の人気銘柄です。

 

JPX日経インデックス400というのは、2014/1/6から算出が開始された新しい指標で、東証1部、2部、マザーズまたはJASDAQに上場する約400銘柄で構成される加重平均型の指標です。

2020年5月時点の上場別の銘柄数は以下の通り399銘柄です。

項目 東証1部 東証2部 マザーズ JASDAQ
銘柄数 394 0 1 4

もともと日本で有名なTOPIXや日経225というインデックスがあるにも関わらず、JPX日経インデックス400という新しいインデックスが作られたのには理由があります。

 

TOPIXは東証1部上場企業全体で構成されますが、その中には赤字の企業や企業に貯まった利益を効率よく使えていない企業が含まれていました。

そこで資本の効率的な利用方法や投資家を意識した経営的な視点から、グローバルな投資家に対して魅力があるインデックスを作るという目的のもと日本の企業400社が選ばれ作られました。

 

400銘柄の選定基準は以下の通りです。

【適格基準によるスクリーニング】

  • 上場後3年未満(テクニカル上場を除く)
  • 過去3期いずれかの期で債務超過
  • 過去3期すべての期で営業赤字
  • 過去3期すべての期で最終赤字
  • 整理銘柄等に該当

【市場の流動性によるスクリーニング】

  • 直近3年間の売買代金
  • 選定基準日時点における時価総額

ここまでで1000銘柄に絞られ、さらに以下の点を考慮して順位付けされて上位400銘柄が選定されます。

  • 3年平均ROE:40%
  • 3年累積営業利益:40%
  • 選定基準日時点における時価総額:20%

この方式により毎年8月に入れ替えが行われます。

 

依然としてTOPIXや日経225のほうが知名度、人気とも高いものの、最近では年金を運用するGPIFが運用指標に採用したり、日銀がJPX400インデックスに連動するETFを買い入れ対象にしたりと徐々に日本の中では投資対処として広がってきています。

 

次のページではニッセイJPX日経400インデックスファンドのファンドの評価をいろいろな角度からみてみます。

スポンサーリンク

コメント