【楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)】銘柄分析〜手数料・運用成績・投資対象〜

楽天VTI

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

つみたてNisaで運用している「楽天・全米株式インデックス・ファンド」通称「楽天VTI」の銘柄分析を行います。

 

ファンドの基本情報から私的なファンド評価、手数料・運用成績・投資対象等について解説します。

基本情報

名称 楽天・全米株式インデックス・ファンド
設定日 2017/9/29
償還日 無期限
ベンチマーク CRSP USトータル・マーケット・インデックス
投資形態 ファミリーファンド
ファンド分類 インデックス型
委託会社 楽天投信投資顧問
販売手数料 なし
信託報酬 0.162%(税込)
解約時手数料 なし
為替ヘッジ なし
マザーファンド受益証券を通じて、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース) に連動する投資成果を目指します。
バンガードが運用する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を実質的な主要投資対象とします。

※目論見書から引用

楽天・全米株式インデックス・ファンドは楽天証券の買付ランキング3位(2020年3月時点)の人気銘柄です。

 

S&P500が米国を代表する大型株500社で構成されるのに対し、当該ファンドのベンチマークであるUSトータル・マーケット・インデックスは、米国株式市場の大型株から小型株の投資可能銘柄なほぼ100%となる約4,000銘柄で構成された時価総額加重平均型の株価指数です。

 

もともと米国でバンガード社が販売するETFであるVTIを楽天が日本円のまま投資できるようにした画期的な商品です。

引用;目論見書

ちなみにバンガードというのは、世界最大級の運用会社で運用資産残高は約615兆円にもなります。

バンガードの商品はローコストで有名で、1976年に個人投資家向けのインデックス・ファンドを世界で初めて設定し、現在バンガードは、世界のインデックス運用商品の約4割でNo1シェアとなっています。

 

次のページでは楽天・全米株式インデックス・ファンドのファンドの評価をいろいろな角度からみてみます。

スポンサーリンク

コメント