【たわらノーロード日経225】銘柄分析〜手数料・運用成績・投資対象〜

くわにゃん(@kuwanyan98)です。

つみたてNisaで運用している「たわらノーロード日経225」の銘柄分析を行います。

 

ファンドの基本情報から私的なファンド評価、手数料・運用成績・投資対象等について解説します。

基本情報

名称 たわらノーロード日経225
設定日 2015/12/7
償還日 無期限
ベンチマーク 日経225
投資形態 ファミリーファンド
ファンド分類 インデックス型
委託会社 アセットマネジメントOne株式会社
販売手数料 なし
信託報酬 0.187%(税込)
解約時手数料 なし
為替ヘッジ
日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用します。

※目論見書から引用

たわらノーロード日経225は楽天証券の買付ランキング28位(2020年5月時点)の人気銘柄です。

 

日経225とは日経平均株価のことで、戦後東京証券取引所が再開された1949年に上場していた銘柄の平均値で算出が開始されました。

今は上場銘柄のうちその名の通り225銘柄をピックアップし、平均株価として算出されています。

 

平均株価の基本的な計算方法は以下の通りです。

  • 日経平均株価=225銘柄の株価の合計÷225

実際は市場の動向や株式分割の影響を考慮するため除数が調整されますが、考え方としては上記の通り単純に株価を合計してその平均を計算するという方法です。

 

TOPIXやその他の有名な指標が採用している時価総額加重型とはことなり、値がさ株(株価の高い銘柄)の影響を大きく受けるという特徴があります。

今では世界展開して好調なファーストリテイリング(ユニクロ)が該当します。

✅関連記事;株価平均株価指数と時価総額加重平均指数のパフォーマンスを比較してみる 

 

値がさ株の影響を受ける日経平均株価ですが、日本ではTOPIXと同様に人気があります。

以下の表は日本で売られているファンドの純資産残高TOP5です。

※引用;モーニングスター

日銀によるTOPIX、日経225の大量買いの影響もあり、現在のTOP5はこれらの指数に連動する商品が占めています。

いずれにしても日本では大変人気のある指標が日経225です。

スポンサーリンク

コメント