【米国高配当株投資】運用成績とメリット・デメリットを解説

ポートフォリオの作り方

続いて米国の高配当株に投資する際のポートフォリオの作り方について解説します。

ポートフォリオの作成はたった3つのステップでできます。

STEP1;投資する銘柄数を決める
STEP2;投資する銘柄を決める
STEP3;投資セクターの分散を考える

STEP1;投資する銘柄数を決める

インデックスファンドやETFへの投資だとたった1つの銘柄への投資でも、それだけで数百の銘柄に分散投資されることになりますが、個別株への投資の場合はある程度自分で銘柄分散を考える必要があります。

とはいえやみくもにたくさんの銘柄に投資してもメンテナンスの手間がかかるので、10社から20社程度がいいかなと思っています。

STEP2;優良銘柄の選定は米国高配当株ETFを参考にする

個別株に投資したことがない方にとっては、インデックスファンドやETF以外で自分で投資銘柄を選ぶのは時間もかかり難しいです。

 

そこで私の場合は米国高配当株に投資することで有名なETFのVYMとHDVを参考にする(パクる)ことを考えました。

以下に私がポートフォリオを組んだ2018年11月時点のVYM、HDVの組み入れ銘柄上位10位を掲載します。

順位 VYM HDV
1位 JPモルガン エクソン・モービル
2位 エクソン・モービル ジョンソン&ジョンソン
3位 ジョンソン&ジョンソン ベライゾン
4位 ウェルズ・ファーゴ シェブロン
5位 シェブロン ファイザー
6位 AT&T P&G
7位 インテル シスコ
8位 ファイザー コカ・コーラ
9位 ベライゾン メルク
10位 シスコ ペプシコ

※2018年10月時点

金融、エネルギー、生活必需品などがランクインしています。

意外と知っている有名企業が多いですね。

 

これらの銘柄以外にも高配当株投資としてオススメできる銘柄を掲載しておきます。

銘柄 セクター 連続増配年数
アップル ハイテク 5年
マイクロソフト ハイテク 14年
IBM ハイテク 18年
スリーエム 資本財 59年
キャタピラー 資本財 8年
マクドナルド 消費財 41年
ホームデポ 消費財 5年
フィリップ・モリス 生活必需品 10年
アルトリア・グループ 生活必需品 9年
ウォルマート 生活必需品 43年
クラフト・ハインツ 生活必需品 4年

STEP3;投資セクターの分散を考える

続いて考えるのはセクターの分散です。

セクターとはハイテク株・生活必需品などの大枠のことです。

景気には好況と不況のサイクルがあり、以下のような景気サイクルを繰り返します。

セクターごとにこのサイクルで得意な場面が異なり、例えば好況期にいい成績をあげるセクターに集中投資してしまっていては、不況期になると大きく下落する可能性が高くなります。

 

そのため銘柄数を分散させるだけでなく、自分が投資するセクターの分散も考える必要があります。

 

米国株には銘柄ごとに11種の投資セクターに分けられており、年間のパフォーマンスは以下のサイトにまとめられています。

Novel Investor Sector Returns TableSource: novelinvestor.com

さらにここ10年のパフォーマンスと景気サイクルのどの時期にパフォーマンスを発揮しやすいかを一覧にします。

No セクター セクター 成績 サイクル
1 情報技術 Information Technology 11.18% 回復
2 ヘルスケア Health Care 10.31% 不況
3 一般消費財 Consumer Discretionary  9.92% 好況
4 生活必需品 Consumer Staples  8.73% 不況
5 公共事業 Utilities  7.16% 不況
6 資本財 Industrials  6.88% 好況
7 素材 Materials  5.51% 好況
8 不動産 Real Estate  4.26% 回復
9 通信サービス Communication Services  4.02% 不況
10 エネルギー Energy  1.78% 後退
11 金融 Financials  0.21% 回復
くわ
くわ

セクターにこだわりすぎると泥沼にはまってわけがわからなくなるので、ある程度分散させればいい程度に考えればいいと思います。

私のポートフォリオ

最後に銘柄数・銘柄分散・セクター分散を行なった私のポートフォリオを掲載します。

銘柄 配当利回り(税込) セクター サイクル
ジョンソン&ジョンソン 2.69% ヘルスケア 不況
エクソン・モービル 4.02% エネルギー 後退
ファイザー 3.18% ヘルスケア 不況
シスコシステムズ 2.99% 情報技術 回復
シェブロン 3.78% エネルギー 後退
ベライゾン 4.52% 通信サービス 不況
インテル 2.71% 情報技術 回復
AT&T 6.30% 通信サービス 不況
ウェルズ・ファーゴ 3.35% 金融 回復
JPモルガン 2.96% 金融 回復
P&G 3.64% 生活必需品 不況
コカ・コーラ 3.49% 生活必需品 不況
メルク 2.81% ヘルスケア 不況
ペプシコ 3.16% 生活必需品 不況
平均 3.54%

全部で14銘柄で、税込み配当利回りの平均値は3.54%です(2018年10月時点、112円/ドルとして試算)。

景気の循環サイクルで考えると、回復4銘柄、後退2銘柄、不況8銘柄となっているので、景気後退期〜不況期にかけてパフォーマンスを発揮しやすいポートフォリオになっています。

ちなみに米国株は1株毎に取引できるので少額から投資可能です。

この一覧表を見ていると世界の超一流企業が勢ぞろいで、安心して投資ができます

 

これらの銘柄を同じ配分で保有します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました