【米国高配当株投資】運用成績とメリット・デメリットを解説

米国高配当株のメリットとデメリット

メリット

米国の高配当株に投資するメリットは2つです。

1.配当金がもらえる
2.ディフェンシブで長期の値上がり益も期待できる

配当金がもらえる

最大のメリットはなんといっても配当金がもらえるということです。

配当金は現金として振り込まれるので投資のモチベーションが向上します。

 

また景気後退期に積立投資を継続するのは精神的にきついところがありますが、配当金であればいただいたお金なので、積立を継続するのは簡単です。

 

そして景気後退期に投資を継続することが未来のパフォーマンス向上に大きく貢献することになります。

✅関連記事;ドルコスト平均法を正しく理解して長期投資で成功しよう! 

これが配当金投資の最大のメリットです。

ディフェンシブで長期の値上がり益も期待できる

もう一つのメリットは、配当金を多く出す企業は株価の大きな値上がりを狙うグロース株と違って、じっくり長期で成長していくバリュー株であることが多いです。

 

そのため好況時に爆発的な上昇を見込めないものの、不況になった時でもグロース株に比べて下落が少なくなることが予想されます。

 

さらに米国の企業は、米国だけでなく全世界で活躍する企業が多いため、今後も継続して成長していくことが見込まれます。

さらに配当金ももらえるため、相場のアップダウンに振り回されることなく、じっくりとディフェンシブに投資を継続していくことができます

 

これらが米国の高配当株に投資するメリットです。

デメリット

米国高配当株投資のデメリットは配当金をもらうたびに税金を払う必要があるということです。

しかもアメリカの税金と日本の税金がダブルでかかるため、配当金には30%近い税金がかかります。

その分全体のパフォーマンスも下がることになります。

 

長期投資で成功するには、いかに長期で投資することが出来るかにかかってます。

 

なので少々税金を払ったとしても、配当金が支払われることが長期投資を継続していく大きな精神的な支えになるなら、税金も払ってもいいかなと考えてます。

まとめ

米国高配当株への投資についてまとめました。

私のメインの投資は以下の関連記事の通り海外ETFを使ったインデックスの積立投資ですが、この米国の高配当株への投資への憧れもあるので、サブとして継続して投資していきます。

✅関連記事;【インデックス積立投資】運用成績とメリット・デメリットを解説

 

実際に米国高配当株への投資を継続してパフォーマンスを計測しながら、今後の投資戦略に役立てたいと思います。

投資信託なら楽天証券、米国株・米国ETFならSBI証券がおすすめな理由
くわにゃん(@kuwanyan98)です。 私はつみたてNisaなどの投資信託への投資には楽天証券、米国ETFへの積立投資と米国高配当株投資についてはSBI証券と投資先によって使い分けて投資を行なっています。 今...

よろしければフォローお願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました